This page:栄養管理や栄養士の仕事について > 「学校栄養士」とは

「学校栄養士」とは

「学校栄養士」とは、正式には学校栄養職員といいます。

学校栄養士とはどんな仕事をしているのかと言いますと、大きく分けて二つあります。

まず一つ目は献立に関する仕事です。
栄養所要量について考慮しながら、実施する献立を作成します。
そして、その献立に基づき、食材の発注をします。
その後、調理員さんへ調理法の指示を行います。

さらに、調味料の在庫管理や納品伝票の整理、帳簿作成、請求書処理、給食費の納入状況のチェックなど、献立を立てる以外にも細かい仕事がたくさんあります。

二つ目は栄養教育です。
実際に教室を回って、子供たちに栄養についていろいろな講義をしたり、給食便りなどの発行物や掲示物の作成、先生向けへの資料の作成などを行います。最近では、給食試食会を通じて、保護者の意見を聞いたりする場を設けている学校もあります。

学校栄養士という仕事は、子供たちの素直な反応が返ってくるので、やりがいがとても大きく感じやすい仕事ではあると思いますが、その仕事内容は多岐に渡っているといえるでしょう。

2005年度から栄養教諭という資格ができました。
栄養教諭とは、児童や生徒の栄養の指導および管理をつかさどる、教員免許状の栄養教諭普通免許状を有する人を指しており、栄養教諭になるためには、栄養士や管理栄養士の資格が必要となります。

この資格はまだ実施されたばかりですので、実際に配置されている数というのは少ないようです。
認知度もまだまだ低いですが、この資格ができるにあたって子供たちが元気に成長し、将来にわたって健康に生活できるよう、学校給食を通じて栄養や食事に関する指導・教育をしていくという大きな期待が込められています。

学校栄養士にしろ、栄養教諭にしろ、これからの世代を担う子供たちとふれあい、指導していくというやりがいのある仕事といえるでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0