This page:栄養管理や栄養士の仕事について > NSTにおける栄養士の役割とは

NSTにおける栄養士の役割とは

近年、どの治療においても適切な栄養管理が基本になるという考え方が重要視され、栄養状態が悪ければ、どんな治療を行っても効果を得ることができないという目的で、NST(栄養サポートチーム)を発足させる病院が増えてきました。

NSTの役割は、
1)栄養アセスメントを行い、栄養管理が必要かどうかを判定する。
2)適切な栄養管理が行われているかをチェックする。
3)もっともふさわしい、栄養管理方法を指導・提言する。
4)栄養管理に伴う合併症の予防、早期発見、治療を行う。
5)栄養管理上の疑問に答える。
6)早期発見や社会復帰をたすけ、生活の質を向上させる。
7)新しい知識、技術の紹介や啓発をする。
などとされています。

その中における管理栄養士の役割は、
・担当病棟のモニタリング・症例のアセスメント。
・栄養評価・喫食状況に基づいた栄養療法の提言・問題点の抽出。
・栄養療法に伴う合併症の早期発見・予防。
・患者・家族への栄養食事指導・疑問点への回答。
・栄養療法関連食品の情報提供。
となっています。

NSTの対象となる患者さんは病院によって異なっていますが、いずれにしても管理栄養士としてのかなり能力が問われる仕事内容になっています。

栄養士法の改定により、管理栄養士の業務は、
・傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導。
・個人の身体状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導。
・特定多数人に対して継続的に食事を提供する施設における利用者の身体の状況、栄養状態、利用の状況等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等。
と明文化されました。

管理栄養士の資格を生かし、医療・保健・福祉サービスの担い手として活動するには、高度な専門知識や技術、資質の高さが必要となってきていることが、このNSTにおける役割を見ることでも、良くわかります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0