This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 身体のだるさの解消に足つぼを刺激しよう!

身体のだるさの解消に足つぼを刺激しよう!

頭が重い、何となく疲れが抜けない、身体がだるい…といった症状は、はっきりとした病名がつかないだけに、よりいっそうつらいものがあります。

そのような“何となく体調が悪い”症状に対し、ツボ療法の効果がたいへん期待されています。その中でも人気があるのは、足つぼ療法です。

これは足の裏に存在している経穴(ツボ)を刺激することによって、全身の健康を向上させようというもので、ツボ療法の中でも、比較的簡単にできるということで人気を集めています。

足つぼを刺激する方法には、主に次の4つの方法があります。これらは基本的な方法になりますので、押さえておくと良いでしょう。

◆なぜる・さする
血液やリンパの循環を活性化し、新陳代謝を活発にする効果があります。精神をリラックスさせる効果が期待できるので、治療の初めと終わりに行うと良いでしょう。

◆叩く・突く
交感神経が正常に活動していないときには、ツボを突くと効果があります。また、消化器系が弱っているときには、消化器系のツボを叩くと、効果が期待できます。

◆もむ
この方法は、足の裏からすねまで使え、血行が良くなり、各器官の機能が高まります。また、筋肉の疲労回復にもたいへん効果があります。

◆揺らす、ふるわす
身体の臓器や組織と対応しているゾーン(反射帯)を振るわせると、副交感神経が活発に働くようになり、消化器系の疲労回復に効果があります。この方法は、自分で行うよりも人にやってもらう方が、より効果が高まります。

これらの基本となる4つの方法にさらに、親指をカギ字にして押す【カギ字親指法】や、指を曲げてその角で押す【指角法】などのテクニックを組み合わせると、より効果が高くなることでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0