This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 針灸療法で針を刺すツボの位置

針灸療法で針を刺すツボの位置

足つぼがたいへん人気を集めている中、最近では、病院や診療所で針灸治療を行うところが増えてきているそうです。

その理由としては、癌やウィルス・細菌感染といった病気に対しての効果は期待できませんが、西洋医学の治療では、なかなか効果があがらなかった慢性的な痛みやしびれといった症状に対して、効能が期待できるからと言われています。

針灸療法で針を刺したり、灸をすえたりする位置は、ツボ(経穴)と呼ばれる位置であり、ツボは経路(気と血の通り道)上にあります。

このツボや経路という場所は、どこにあって、どのような役割をしているのか、ご存じですか?

日本で決められているツボの数は、全部で361あり、とくに足の裏に集中しています。そしてこれらのツボは、体に無秩序にあるわけではなく、一定のラインに沿って並んでいます。

これらのツボを結んだ線が『経路』と呼ばれるもので、その数は多数にのぼると言われていますが、代表的なものは、14本だと言われています。

みなさんは、“六臓六腑”という言葉を聞いたことがありますか?
では、“五臓六腑”は?五臓六腑はみなさんもよくご存じだと思いますが、六臓六腑とは、五臓六腑に心包(しんぽう)の臓を含めて六臓六腑としたものであり、それぞれの臓腑に対応し、六臓六腑をめぐり、各臓腑の調整を行う経路は12本あります。

残りの2本の経路は、顔・胸・腹のまんなかを通る『任脈(にんみゃく)』と、背中のまんなかから頭を通る『督脈(とくみゃく)』と呼ばれる経路で、これらは12本の経路『十二経』を流れるエネルギーの過不足分を調整する、大切な役目を果たしている経路だと言われています。ここでいうエネルギーとは、東洋医学上の概念で「気血」という意味です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0