This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 東洋医学の針灸治療が注目されています

東洋医学の針灸治療が注目されています

西洋医学が目覚ましい進歩をしているにも関わらず、慢性的な痛みやしびれに対しては、いまひとつ効果が発揮できていないところがあり、日々そういった症状に悩んでいる患者は大勢いらっしゃいます。

そんな中、最近になり、そのような慢性的な症状に対し、東洋医学の針灸治療が注目されています。針灸治療というのは、身体につながる数々のツボ(経穴)に針を刺したり、灸をすえたりして刺激を与え、そのツボに対応している組織や臓器の働きを活発にするものです。

また、ツボを押したり、突いたり、叩いたりして刺激を与える治療をツボ治療と言います。ツボ治療は、素人でも、比較的容易にできるという点で人気があり、なかでもツボが集中している足の裏のツボを刺激する『足つぼ療法』は、人気が高いです。

東洋医学というのは、中国の古代哲学が基礎になっており、人間の体のことも含めて宇宙レベルでおこるあらゆることは、『陰陽論』と『五行論』の二つの考え方で成り立っています。

『陰陽論』とは…
「宇宙のすべてのものは、陰と陽のふたつの相反する要素から成り立っている」とされ、たとえば、太陽と月、物体の表と裏、男と女…これらはすべて前者が陽、そして後者は陰ととらえます。さらに人間の体も、背中を陽、それに対する腹部を陰に二分されるとの考え方になります。

『五行論』とは…
自然界のさまざまな現象を「木火土金水」という5つの要素に分け、その因果関係を説明するもので、人間の体内にある臓器(五臓六腑)もすべて、それらの5つにあてはめて考えます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0