This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 家庭で行う足つぼ刺激法

家庭で行う足つぼ刺激法

足つぼをはじめとするツボ療法が、今、たいへん注目をあびています。「ツボを押す…」簡単なように思われますが、実際、どのように行うと有効なのでしょうか?みなさんはご存じですか?

「指圧が良いと聞いたから…」と、ツボ押しを始めると、多くの方は指が痛くなるそうです。では、指が痛くならずにツボを刺激するには、一体どのようにしたら良いのでしょうか?

指を痛めてしまう大きな原因は、指先だけに力を入れて押そうとしているからです。実際に、そのようにして誰かのツボを押してあげたとしても、実は、押されている人は、気持ちよくありません。

親指で押す場合には、指だけで押そうとせずに、自分の体重を徐々に加えていくのです。その際のポイントは、ひじをしっかりと伸ばすこと、相手の身体に対し、垂直に加圧することです。

そのためには、押す人と押される人とが、お互いに正しい姿勢をとることが大切で、はじめはゆっくりと指圧し、相手の具合を見ながらだんだん体重をかけていくと良いでしょう。

また、指圧だけでなく、身の回りの道具を有効に活用していくと、家庭でも針灸療法に近い効果を上げることが可能です。

家庭でもできる針治療としては次の方法がありますので、是非参考になさってください。

◆つまようじの針
つまようじを親指と人さし指のあいだにはさみます。そしてツボをつつくように皮膚を刺激していきます。軽くつつく程度で、効果的な刺激を与えることができます。

◆ブラシ針
ブラシの柄の部分をにぎり、ぽんぽんと軽く叩いたり、ブラシをすべらせて軽くこするようにします。

◆つまようじの集合針
つまようじを30本~40本ぐらい束ね、輪ゴムでしばります。

◆粒針
ビーズや米粒などの小さな突起物を絆創膏に入れて、ツボの位置に張ります。そしてその上から、時々押し付けるだけで針と同じような効き目がありますし、足つぼには張りっぱなしにしておくと、歩くたびにちょうど良い刺激になり、効果が期待できます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0