This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 足つぼ押し指圧法の種類

足つぼ押し指圧法の種類

今、家庭でツボ指圧をされている方が大変多いそうです。手軽に出来るから…というのが人気の大きな理由になっているようです。では家庭で行う場合、どのようにすると効果が期待できるのでしょうか?

同じ【押す】と言う行為でも、あんまの場合は、『押して離す』を繰り返すのに対し、指圧は『持続的に力を入れながら押す』ということが特徴です。

この持続圧が、指圧の効果を生むと言われていますので、しっかり押していくことが大切です。指圧法には大きく分けて6つあります。これらの中から、症状や押す場所に応じて、最も効果的な圧法を選ぶことがポイントです。

ツボ療法のなかでも、最もツボが集中しているのは足の裏側です。足のツボ押しは、手が簡単に届く場所なのでやりやすい場所である反面、これら6つの方法を上手に使い分けることが重要なポイントになります。

特に、足つぼの場合は、指先とかかとでは圧法を変えなければなりません。意外とご存じでない方が多いようですが、このポイントをしっかり押さえておくと良いでしょう。

① 通常圧法・・・親指の腹をつかって2~3秒押しては、次のポイントへと移る指圧法で、最もポピュラーな指圧法になります。

② 持続圧法・・・5~10秒間、手のひらを使ってしっかり圧を加え続ける指圧法で、眼球やおなかに用いられます。

③ 緩圧法・・・ひとつのポイントに対し、5秒押しては圧を抜き、また5秒間押すという指圧法で、同じポイントに何度か圧を加えるときに使う圧法になります。

④ 吸引圧法・・・手指と手のひらの付け根のを皮膚につけ、波を打たせるように指圧していく方法で、腹部を指圧する際に用いられることが多い圧法になります。

⑤ 流動圧法・・・左右の親指の腹で、リズミカルに指圧しながらどんどん指圧点を移していく方法です。この圧法は、筋肉のしこりが長く連なっているような場所、例えば、肩甲骨の間などに用います。

⑥ 集中圧法・・・ひとつのポイントに対し、指を重ねて重点的にしっかりと押していき、著しいコリを取り除く圧法です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0