This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 指圧・あんま・マッサージ治療の違い

指圧・あんま・マッサージ治療の違い

東洋医学には、針灸療法のように【道具】を用いた治療法と【手】を用いた手技療法があり、現在、人気のある足つぼもその中の一つになります。

私たちが、おなかが痛いときにおなかに手をやり、さする行為や、頭が痛いときにこめかみを押すなどの行為などは、無意識にやっていることではありますが、すべて『手当て』という医療行為になります。こういった手による治療法として、歴史上、体系づけられているものに、指圧・あんま・マッサージがあります。

手を使い、身体の状態をみながら、調子が悪い部分を治療していく…という点では、三者は同じと言えます。ただし、指圧は日本、あんまは中国、マッサージはヨーロッパで生まれ、発達してきたという経緯があり、それぞれの方法や位置づけは微妙に違っています。

大きな違いの一つに、指圧やあんまは、衣服の上から行うのが原則ですが、マッサージは裸になって行うということがあります。マッサージは皮膚に直接刺激を与えていくのです。

また、刺激を与えていく方向にも違いがあります。例えば、指圧やあんまは、身体の中心から末端へ向かって、遠心性の刺激を与えていきますが、マッサージの場合は、身体の末端から中心へと向かって、求心性の刺激を加えていく方法になります。

手技療法による刺激の方法には、大きくわけて【さする・もむ・こねる・たたく・ふるわす・押す】がありますが、足つぼをはじめとする指圧は【押す】が中心に、あんまは【もむ】という手技が中心になります。

マッサージは直接皮膚を【さする】のが基本であることから、手のすべりをよくするため、患者の皮膚にオイルや潤滑油を用いて行うことがあります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0