This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 足つぼを刺激することによる効果

足つぼを刺激することによる効果

ここ最近、あんまや指圧、マッサージといった家庭でも気軽にできる治療法が人気を呼んでいます。これらの治療法は、発祥した地や発達してきた経緯はそれぞれ違っていますが、いずれも『手当て』という手技療法になります。

これらの中でも特に足つぼ刺激の人気が高く、「少し痛いけど、でも気持ちいい!」というのが人気を呼んでいるようです。これらの手技療法は、実際のところ、身体に対してどのような効果や影響があるのでしょうか?

1.筋肉の緊張をほぐす
筋肉が緊張していると、筋肉中には老廃物がたまります。これらがだるさや痛みを引き起こす引き金となっています。手技療法では、筋肉の緊張した状態をほぐし、身体の変調を調整したり、骨格を矯正したりする効果が期待できます。

2.血液やリンパ液の循環を活発にする
血液やリンパ液といった体液の流れを良くする効果が期待できます。皮下の血液やリンパの流れがよくなると、身体のすみずみまで栄養が行き渡るようになります。痛みやだるさの原因となっている老廃物が体内から取り除かれ、細胞が活性化されると、細胞がもつ本来の働きができるようになります。

3.神経や内分泌の働きを良くする
神経が高ぶっているときには、機能を鎮静させるよう作用します。逆に神経の働きが低下しているときには、高めるように作用します

4.内臓の働きを調整する
内臓が正常に動くように調整する効果が期待できます。

5.体調を整える
人間の身体は、いつもベストの状態を保とうとする恒常性保持機能というものがあります。ツボを刺激することによって、この恒常性保持機能が高まり、全身の調子を良くするよう働きます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0