This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 手技療法による足つぼ療法が人気

手技療法による足つぼ療法が人気

近頃、日本では足つぼ療法が注目を集めていますが、特に手技療法で行う足つぼ療法が大変人気です。手技療法と言えば、日本で発祥し、発展したものは指圧です。

そのほかにも、世界には手技療法と言われるものがいくつかあります。たとえば、中国で発祥し、発展したあんま、西洋で発祥し、発展したマッサージなどです。これらの手技療法による刺激法には、種類が六つがあります。

1)さする
マッサージで基本となる刺激法です。背中部分は、手のひら全体をツボにつけて、なでていきます。腹部はみぞおちからわき腹にかけてを、骨にそってさすっていきます。マッサージの場合は、手を滑りやすくするために、オイルなどの潤滑剤を用いて行うことが多いです。

2)もむ
あんまで基本となる刺激法です。軽く指を曲げて、手のひらのつけ根を皮膚に密着させます。そしてゆっくりと右回りに、背中から腰にかけてもみほぐしていきます。

3)こねる
上腕・前腕・背中・腹部・太もも・すねの筋肉を、手のひらでこねるように動かしていきます。

4)たたく
親指をたてて、ゆるくにぎりこぶしをつくります。そして、両方の手で交互に軽くたたいていきます。この方法は、頭や顔、胸、腹部以外の場所に用いることができます。

5)ふるわす
腕はまっすぐ持ち上げて、こまかくふるわせ、足は、足首をもって同じようにふるわせていきます。また、指先や手のひらを皮膚に当てて、直接振動を与える方法もあります。

6)押す
指圧で最も活用する刺激法で、親指の腹の部分をツボに当て、5秒ほど押し、ゆっくりと力を抜いていく方法で、順番にこれを繰り返していきます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0