This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 足つぼを指圧する手技療法の効果

足つぼを指圧する手技療法の効果

指圧、あんま、マッサージといった手技療法には、治療を行う場所や、それぞれの症状によって、もっとも効果があるとされる刺激法を上手に選択することが、効果を高める上での大切なカギとなります。刺激法は六つあります。それぞれの効果とはどのようなものでしょうか?

日本で最もなじみのある手技療法は指圧でしょう。
その指圧は日本で生まれ、発達してきた手技療法で、足つぼをはじめ、ツボを指圧していくわけですが、主に『押す』刺激法になります。

これに加え、叩いたり、さすったりすることも取り入れると、足つぼ全体に刺激がいきわたり、さらに効果が高まります。

① さする
手のひらを肌にしっかりと当てて、滑らせるのがコツで、かならず末端から心臓に近い方へ向かって、マッサージしていきます。効果は、血液やリンパの流れが良くなり、新陳代謝を盛んになります。

② もむ
手の指や手のひらの付け根を使って揉みほぐしていきます。コツは手を肌に密着させ、心臓の方に向かって揉みほぐします。効果は、血流をよくし、筋肉の疲れをとったり、皮膚組織の異常を除去します。

③ こねる
もむときと同じように手指を使って、圧し、つかみ、しぼるようにしていきます。

④ たたく
こぶしや手のひらで叩いていきますが、軽くたたくと血管や筋肉を収縮させ、強く長時間たたくと、先ほどとは逆で、血管を広げ、筋肉を緩ませることができます。

⑤ ふるわす
指先や手のひらを当て、振動させていき、筋肉や神経の働きを高めます。

⑥ 押す
指先を使って肌に圧迫を与える方法で、押し続けると、高ぶっている機能を抑制する働きをします。押しては離して…を繰り返して行うと、機能を高める働きをします。

このように、刺激を与える度合いによって、まったく正反対の効用があることから、どの刺激法を選択するのかということに加え、その刺激法の強弱や量をうまく調節していくことが、治療をしていく上での重要なカギとなることでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0