This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 足つぼ刺激で不眠症を改善する方法

足つぼ刺激で不眠症を改善する方法

睡眠というのは、どれほど眠れば十分であるかということには個人差がありますので、一概に言うことはできません。

しかし、日中、頭がぼーっとしたり、身体全体が重い、朝がおきられない、けだるいというようなことがあるならば、眠りが足りない、あるいは質が良くないのかもしれません。

そのような状態の時に、頭にある百会(ひゃくえ)のツボや、耳の後ろにある完骨(かんこつ)というツボを刺激すると、効果が得られることがあります。これらのツボは、高ぶっている神経を休める効果があります。

百会は、頭のてっぺん、左右中央の線上にあり、完骨は耳の後ろの硬い骨のうしろ下にあります。また、背中にある隔愈(かくゆ)というツボも、自律神経の狂いをただし、いらいらを鎮める効果があります。

足つぼでは、足のくるぶしの中封(ちゅうほう)というツボが神経症によく効くツボになりますので、集中して刺激するとよいでしょう。中封は、内くるぶしの頂点から、足の甲の方向へむかって指をすべらすとあるへこんだ部分です。

その他、寝つきを良くするためには、足の裏全体をよくもみほぐすと良いでしょう。

不眠はストレスなど、さまざまなことが原因でおこるとされています。それらの原因を取り除くことも大切ですが、生活環境を整えることも大切です。

昼はなるべく身体を動かすようにし、夜は音や光をなるべく抑え、気持ちがリラックスするよう心がけましょう。ホットミルクにちょっとお砂糖を加えて甘くしたりするのも、気持ちがほっと落ち着き、いいかもしれませんね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0