This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 足つぼ刺激の作用とは?

足つぼ刺激の作用とは?

たくさんあるツボ療法のなかでも、特に有名なのは足つぼでしょう。足の裏にはツボが集中しており、自分でも簡単に行うことができるので、人気も高いのでしょう。

足の裏のツボ、すなわち経穴は、身体全体に広がっています。これらのツボを刺激すると、なぜ、身体の状態が改善されたり、良い状態を維持できるのでしょうか?

その理由について、明治時代から引き続き、研究がされているそうですが、これまでに検討されてきたツボ刺激の作用は以下のようなことが言われています。

1)消化器や呼吸器、泌尿器系の器官を調節する
胃や小腸などの消化器の運動や、分泌機能が低下している時にツボ刺激を行うと、その機能が亢進します。一方、亢進している場合には、ツボ刺激を行うことで抑制する効果があります。

つまり、ツボ刺激を行うと、これらの機能を正常な状態にもどすように働くというわけです。呼吸器や泌尿器についても同じように、換気量や利尿、排尿などの機能の調節を行う効果があります。

2)血液や血液の循環を良くする
これは、よく足先が冷える人にツボ刺激を与えると、効果がよくわかると思います。それは、片足だけにツボ療法を行った上で、左右の皮膚温度をサーモグラフィーで比較してみると、ツボ刺激を行ったほうの足先の皮膚温度が上昇しているのがみえるからです。

3)神経系に影響を与え、痛みを抑える効果がある
ツボを刺激すると、体内にはモルヒネに似た物質がでてきて、この作用により、痛みが抑えられるといわれています。

4)生体防御機能を調節する

5)内分泌系(ホルモン)の調整を行う

 

cms agent template0037/0038 ver1.0