This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 足つぼ療法を行うことで効果があるとされる病気

足つぼ療法を行うことで効果があるとされる病気

ツボ療法、その中でも特に足つぼを指で指圧する療法は、家庭でも比較的容易にできることから、たいへん人気をよんでいます。

指圧によるツボ療法は、道具を用いずに手で行う手技療法、つまり『手当て』と呼ばれるものに分類することができます。

それに対し、針や灸を用いる針灸療法は、一部、家庭でも行うことができますが、基本的には針灸治療院や病院、診療所で、西洋医学による治療と並行して行っているものです。WHOでは、針灸療法によって効果があるとされる病気として以下のものを挙げています。

①鼻・喉の病気
かぜ・鼻炎・気管支炎・気管支喘息・扁桃炎

②目の病気
結膜炎・白内障・中心性網膜炎・仮性近視

③口の病気
歯痛・歯肉炎・抜歯後の痛み・咽頭炎

④胃腸の病気
胃炎・胃下垂・胃酸過多症・便秘・下痢・腸炎・十二指腸潰瘍・しゃっくり

⑤神経ならびに筋骨格系の病気
頭痛・偏頭痛・三叉神経痛・顔面神経痛・抹消神経系の病気・打撲による麻痺・多発性筋炎の続発症・メニエール病・神経性膀胱障害・腰痛・夜尿症・肋間神経痛・坐骨神経痛・頸肩腕症候群・膝関節痛・五十肩・テニス肘

たくさん病名があげられていますが、これらの中でも針灸治療で効果が期待できる病気としてよくあげられるのは、【肩こり・腰痛・坐骨神経痛・膝関節痛・首・肩・腕にかけての痛みとしびれ】になります。

しかし、これらの病気のすべてが針灸治療で完治するというわけではありません。また、中には効果があまり期待できないものもあります。ですから、針灸治療を行う際には、内臓的な疾患がないかどうかをしっかり見極めた上で、行うことが大切です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0