This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > ツボ刺激を行う際の注意点

ツボ刺激を行う際の注意点

『痛いけど気持ち良い!』と、ついつい病みつきになってしまう方が多いと言われる足つぼの刺激について、お話したいと思います。

はじめに、足つぼを刺激するとさまざまな効能があると言われていますが、何事もやりすぎは禁物です。また、人によっては、あるいはその時の体調によっては、ツボを刺激しないほうがよい人、してはいけない人もいますので、しっかり学んでから行うようにしましょう。

では、いつ、どれくれい行うのがいいのでしょうか?

基本的には、1日に15分~30分程度を目安に行うと良いと言われています。そしてリラックスしているときに行うと良いとされています。なるべくなら夕食のあと、1時間~2時間後が良いでしょう。

ツボ刺激法をマスターすると、その気持ち良さから、ついつい毎日続けたくなります。しかし、休みをはさんだほうが効果が高いこともありますので、「気持ち良いから…」と毎日行うことはオススメできません。

例えば、筋収縮性の頭痛などは、一回刺激を与えるだけで、すっかり痛みが引いてしまうことでしょう。逆に、長期にわたって治療を続ける必要がある病気もあります。このようにツボ治療は、病気の種類や程度によって、治療日数はかなり違ってきます。

急性の病気の場合は、比較的早く治ることが多く、慢性の病気であればあるほど、長い期間を要すると言われています。つまり数ヶ月、あるいは数年間も患っている慢性の病気は、治すのにもやはり数ヶ月から数年の治療年月が必要となるというわけです。

このように長い期間をかけて治療していく場合、途中で治療を中断したり、あまりに間隔をあけたりすると、治療効果をさげてしまうことがあります。

また、症状が思わしくない場合や全く効果があらわれてこない場合には、毎日または隔日で治療しなければならない場合もあります。そしてある程度、症状が緩和されてきたら、週に2回ぐらいのペースで行うのが良いとされています。

このようなツボ刺激療法、特に足つぼの指圧は自分で行うことができますが、他人にやってもらうと心身ともにリラックスすることができ、さらに効果が高いと言われています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0