This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 足つぼ刺激療法をしてはいけない人

足つぼ刺激療法をしてはいけない人

腰痛の人が、足つぼを丹念に刺激すると、腰痛が楽になった…などの効果が得られることがあると言われています。

しかしそれは、腰痛と言っても、姿勢が悪いことによっておこった痛みや不慣れな動作によって起こった痛み、長時間の運転による痛み、準備不足で行った運動によりおこったしびれや痛みに限って言えることです。

老化による変形性脊椎症など骨の異常による病気、あるいは胆嚢炎やガンなどからおこっている腰痛に対しては、足つぼはおろか、全身のツボでも効果は期待できません。

むしろ、自宅などでツボ刺激に頼っていたばかりに、発見が遅れ、治療が手遅れになるなんてことにならないよう、注意が必要です。

ツボ刺激療法は、熱がある時や身体が衰弱している時などには、避けたほうが無難です。また、治療の前後に、すぐに入浴したり飲酒したりなどの行為は、避けたほうが良いでしょう。

ツボを刺激したことにより、でた身体の老廃物がスムーズに体外に排出されるよう、水分を十分に摂ると良いでしょう。

特に、治療になれていない人は、治療後に身体が重く、だるく感じたり、熱っぽく感じたりすることがありますが、このような症状は、翌日には消えていると思いますので、さほど心配する必要はないでしょう。

何回かツボ療法を行ううちに、自然と身体がなれてきますので、そうしたら徐々にこのような症状は消えていくとでしょう。しばらくしても消えない場合は、刺激量が少し多すぎるのかもしれません。そのような場合には、刺激量を調節しながら様子をみてください。

足つぼは、足を怪我している場合や、妊娠中の方、不整脈がある方、脳出血、脳血栓の直後、心臓病や重い腎臓病、悪性腫瘍がある方の場合、行わないでください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0