This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > ツボ刺激法の歴史から見る治療の効果

ツボ刺激法の歴史から見る治療の効果

現在、日本では足つぼ療法がたいへん人気をよんでいます。みなさんはこのツボ療法の歴史を知っていますか?

ツボ療法は非常に長い歴史を持っており、針灸の起源は、古代中国にあると言われています。今からおよそ2000年以上昔、人々は、人間の身体の特定の場所を温めたり、石などを使って刺激したりすると、治療の効果があるということを知っていたのだそうです。

『身体のどの場所にどういった刺激を与えると、どのような病気に効果があるのか…』ということを、医学者たちは考え、多くの経験を積み上げていきました。

そして、それらの成果をまとめた本が、今日にも残る、最古の医書『黄帝内経』なのだそうです。この書には、人体の生理や病理、養生法が記されています。

それらに加え、針灸治療の基本となるツボ(経穴)や、ツボを結んだ経絡、治療に関する理論なども解説されています。

中国のこうした理論が日本に伝えられたのは、414年だと言われていますが、実際に針灸が一般に広がるまでには、それからさらにたくさんの時間を要し、室町時代に入ってからなんだそうです。そして江戸時代になると、日本独特の針灸治療が生まれたとされています。

しかし、江戸時代に目覚ましい発展をあげた針灸治療は、明治維新以後、西洋医学が導入され衰退していきました。

再び注目されたのは、1972年、アメリカのニクソン大統領が訪中したとき、大統領が中国で針麻酔を受ける様子を、テレビで放送されたのがきっかけになったと言われています。

それ以来、日本では針治療が発展し、最近では、レーザー針を針治療に応用し、30秒~2分間ほど、ツボにレーザーを照射する治療も行われています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0