This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 更年期障害の症状を足つぼで改善させましょう

更年期障害の症状を足つぼで改善させましょう

女性の体は、40代から50代にかけてホルモンのバランスが変化します。それに伴い、いらいらしたりのぼせたりなど、さまざまな症状がでてきます。これは女性でなければわからないつらい悩みです。

老化へのあせりや家庭や職場でのストレスなどのたまり方の程度にもよりますが、更年期障害のさまざまな症状が現れてくることもあります。

それは疲労感やほてり、肩こり、腰痛などなど…人によってさまざまな場所に不快な症状が現れてきます。さらにひどくなると、自律神経が乱れ、憂鬱さなども引き起こすのです。

しかも更年期障害は、病院でもなかなか症状がわかってもらえず、つらい悩みを一人で抱えてしまいがちになります。それがさらなるストレスを生む原因になっている可能性もあります。

このつらい更年期障害にも足つぼは非常に有効とされています。全身のバランスを取り戻すのに非常に有効ですし、家庭で簡単にできますので、是非活用していただきたい治療法です。

できればパートナーといっしょに行うことがベストです。相手の心遣いを感じることで、心も安らぎ、きっと症状もやわらぐことでしょう。

更年期障害に効くとされる足つぼは、足の三陰交(さんいんこう)と呼ばれるところで、内くるぶしの上、指4本分、骨のうしろ、指1本分のところにあります。

また、血海(けっかい)というツボも有効で、膝の皿の内側、上縁から指2本分上にあります。これらの足つぼは、女性の気血(きけつ)のめぐりを良くし、調節するのに有効なツボです。

覚えておかれるといいのではないでしょうか。

そのほか、頭にある百会(ひゃくえ)いうツボは、いらいらやのぼせなどの症状に有効で、自律神経を整える効果があるとされています。このツボは頭のてっぺん、左右中央の線上にありますので、これも覚えておくと良いでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0