This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 下痢など消化器系の疾患にツボ治療

下痢など消化器系の疾患にツボ治療

女性の悩みと言えば、長年“便秘”が上位にあがっています。便秘になると、お肌の調子が悪くなりますし、やはりおいしく食事をいただくことができませんよね。また逆に、胃腸の調子が悪く、下痢を繰り返す人もいます。

ストレスが原因でおこる神経性の下痢には、特効薬としてツボ押しがあげられています。近頃は、下痢と便秘を交互に繰り返す“過敏性腸症候群”の方が急増しているそうです。

これらの他にも消化器系の疾患には、ツボ治療が有効であると言われています。例えば膀胱炎の場合、症状としてトイレが近くなり、いざ排尿しようとしてもたいしてでないし、排尿できたとしても痛みが伴ったりします。

結石や腫瘍があるわけでもなく、何度も膀胱炎を繰り返す人や、あるいは急性の膀胱炎に悩まされている人には、一度ツボを刺激してみることをオススメします。

消化器の悩みに効果があるとされるツボは、足の陰陵泉(いんりょうせん)です。膝関節の内側を下にさぐっていくと、ふくらみがありますよね。そのすぐ下、骨のすぐうしろにこの陰陵泉はあります。

またそれ以外にも、外くるぶしのうしろで、アキレス腱の前にあるくぼみも消化器の調子に、その中でも特に膀胱炎に効果があると言われています。

ツボ指圧をより有効にするためには、できるだけ症状の軽いうちに始めることが大切になります。軽いうちに始めると家庭でも十分な効果が期待できると言われています。

特に、膀胱炎の場合は再発の可能性があるので、治ったと思っても、それから1週間~2週間は継続して続けるようにしましょう。

ツボ治療は、何よりも心や体をリラックスさせることが大切です。さらに栄養に気をつけ、おなかの調子を整えることを心がけることで、消化器だけでなく身体全体が快調になることでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0