This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 坐骨神経痛には足つぼを

坐骨神経痛には足つぼを

ここ最近、神経痛に悩んでいる方が非常に多いそうです。なかでももっとも患者が多いとされるのが、坐骨神経痛だそうです。

坐骨神経とは、たくさんある神経の中でも、太くて長い神経ですので、圧迫を受ける可能性がたいへん高いことが原因とされています。

お尻がよく痛くなる方は、坐骨神経のはしっている方向にそって、太ももからふくらはぎへと、足の後ろ側が痛くなることがありませんか?

そのような痛みのある方で椎間板ヘルニアなどの疾患を患っていない方は、ひどくなる前に足つぼマッサージをしてみましょう。

まずは、よく痛むあたりの神経にそって、さすり軽くマッサージしましょう。そのあとで、足つぼを刺激していきます。最初は軽めの指圧からはじめます。気持ちいい痛みぐらいで止めてください。

直接、灸やしょうが灸をすえると効果が倍増するといわれていますので、時間のある時には是非こちらもお試しになってください。

また、温泉につかり、足腰を温めながら、痛む場所をかるく指圧するのも効果があるとされています。さらにブラシでかるくたたいて穏やかな刺激を与えるのもよいでしょう。

基本的に、痛みは精神が不安定なときに強まると言われていますので、温泉につかり精神を穏やかにすることも効果アップにつながるのでしょう。

委中(いちゅう)という足つぼが、坐骨神経の特攻ツボになります。委中は、膝関節を曲げたときにできるしわのちょうど中央あたりになります。この足つぼに、毎晩、寝る前などに心地よさが感じられる程度に刺激を与えることで、症状が改善していくことでしょう。

ツボ療法は、痛みがひどくない早期のうちに始めることが大切です。毎日の習慣にすると良いでしょう。そしてなによりツボ療法は、リラックスできる状態がベストなので、信頼のおけるパートナーにツボを刺激してもらったりすると、気分も安心できて、効果が倍増するのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0