This page:足つぼマッサージは冷えや疲労回復に効果的 > 変形性膝関節痛の痛みを和らげる足つぼ刺激法

変形性膝関節痛の痛みを和らげる足つぼ刺激法

変形性膝関節痛ご存知ですか?階段を下りるのがつらかったり、膝をまげたり、体重をかけることができないなどといった症状からはじまるこの変形性膝関節痛は、老化現象によって発生すると言われています。

痛みは膝の軟骨がすりへったことが原因とされていますが、誰でもなる可能性がある疾患と言えます。

このほかにも、慢性関節リウマチや、感染性関節痛膝など痛みをもたらす疾患は多数ありますが、これらのなかで、ツボを刺激することによって、痛みを和らげる効果があると言われているのが、変形性膝関節痛です。

自分でもできますので、痛みで辛い方は、是非参考になさってください。

【足つぼ刺激方法】
まずは膝の皿周辺を温めてマッサージしましょう。
それから膝眼(しつがん)という足つぼを刺激していきます。
膝眼とは、膝を90度曲げたときに、皿の下の両側にくぼみが二つできます。
このくぼみのところが膝眼です。
この両側にある2つのツボを集中して刺激していきます。
また、このツボに灸をすえると膝が軽くなります。

変形性膝関節痛の方は、なるべく膝や腰に負担をかけないようにしなければなりません。太りすぎの方は、常に膝や腰に負担がかかっていますので減量も必要かもしれません。

また、硬いアスファルトの上を長時間歩いたり、ジョギングしたりするのも避けたほうが良いでしょう。さらに積極的に太ももの前の筋肉を鍛えるようなトレーニングをすると、老化で弱った足腰をサポートすることができますよ。

毎日のトレーニングとあわせて、足つぼ刺激を行い、辛い痛みを和らげていきたいものですね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0